ひよっこ歯科医師の歩く道

<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧




初診が長い?!

初診配当もだいぶ回って、患者さんが増えてきました。
患者さんとのお話、診療の進め方、カルテの書き方等、ようやく慣れてきました。

そんなある日、気がついたこと。

コトリ「私って、異常に初診長くない?」

研修医はベテラン先生より診療は長いです。
不慣れだし、先輩の先生に意見を求めながら診療を進めるので。

でも、それにしても、私は輪をかけて長い…。
なんで?!

カルテをながめつつ自分の初診を振り返るコトリ。
他の研修医と比べて、処置が多いわけではない。
なんで?!

コトリ「あ…。患者さんと話しすぎなんだ…。」

なにせ、2時間くらいはお話タイム
それも、世間話ではなくて、病状の説明をしたり、質問に答えたり…。
そんなこんなで初診はなんと4時間

大学病院じゃなかったらクビですね。

患者さんは「大学だから、初診は時間かかるってわかってますから。」なんて笑顔で帰って行かれますが、やっぱり初診4時間はキツイでしょ~!!!

丁寧で的確で分かりやすく、適切な時間の説明。
これ、目標。


人気blogランキング←クリックしてもらえると、かなり励みになります。
[PR]



by hiyoccotori | 2005-07-19 00:56 | 研修医時代

申し訳ない…(><)

「信頼のドアノブ」でのアイさんのコメントで知りました。

過去記事のコメントに全く気がついておりませんでした。
あわあわ。
申し訳ない…!!!

遅ればせながら、さかのぼってレスさせて頂きました。
コメント入れてくださった方々、本当に失礼いたしました。
これに懲りずに、またコメントくださいね…。
[PR]



by hiyoccotori | 2005-07-03 19:10 | ブログに関する報告

信頼のドアノブ

コトリの受け持ち患者さん、まだたったひとり。

はじめはこの患者さん、私を警戒していらっしゃいました。
説明していても、目も合わせてもらえない。
指導医の先生の話は熱心に聞いてらっしゃるのに…。
凹みます。

そりゃそうですよね。
若い女の子がプラッと出て来て、「私が担当医デス。」なんて言ったって、とても信用出来ないですよね。しかも、ベテランの指導医の先生が側で控えていたら、余計に研修医は頼りなく見える…。

じゃあ実際、頼りがいがあるのか?と言われたら、ベテラン先生と比べて私達はひよっこ。段取りも悪いし説明もたどたどしいし、技術も劣る。

どうしたらいいんだろう?
悩みます。
指導医がいるとしても担当医は私。
信頼関係を築けずに治療を進める事は出来ません。

経験はどうやったって埋めようがない。
腕だって、急激には上がらない。
急に年取るなんてのも無理。
じゃあ、どうしたら?

まずは
知識強化しよう!

患者さんに関係するであろう事を、出来るだけ調べました。
本を読んだり、先輩の先生方の話を聞いたり。

そして、練習

患者さんの模型を何時間も見つめてイメージトレーニング。
模型をたくさん作って、様々な治療をした場合のモデル製作。(先輩研修医B先生に習ってみましたw)(6/12たったひとりのアナタ参照)
たくさんのケースを知っているわけではないけど、この患者さんのプロになってやろうかと。

「こんなの役に立つかどうかわかんないけど…。もしかしたら自己満足かもしれないし…。」
とか思いつつ。

でも、
次の診療から患者さんの反応が明らかに変わりました。

たくさん調べ物をしたから、説明がし易くなっていました。
何時間も模型を見ていたから、口の状態が理解し易くなっていました。
治療用モデルをたくさん作ったので、手間取らずに治療が進みました。

だからでしょうか?
とりあえず、目を見てお話をしてくれるようになりました。
浮かれます。

目を見て話してもらえる、それだけだけど、嬉しい!
(まるで恋?w)

ようやく信頼のドアノブが見えて来たコトリ。
本当の意味で信頼してもらえる歯科医師になれるその日まで、頑張ります。


人気blogランキング←クリックしていただけると励みになります。
[PR]



by hiyoccotori | 2005-07-03 17:13 | 研修医時代

2005年に歯科医師になった「コトリ」の、成長(するはず!)日記です。ひよっ子はひよっ子だから、ひたむきに歩くしかないのです。更新は不定期ですが、週末にドカッと更新することが多いです。
by hiyoccotori
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ブログに関する報告
研修医時代
大学院生活
歯科医師生活
雑記
中堅生活
未分類

ブログジャンル

画像一覧